《お客様の声》

 

T様邸

 



神奈川県川崎市にお住まいのT様。
塗料は、色数、耐久年数、価格ともにバランスの良いシリコンをご選択。
色はベースの黄色に茶色く帯びを塗りかえ、屋根は温かくてシックな印象の赤錆色でお決めになりました。
二週間程度で工事は終わり、ご自宅で仕上がりについてご夫妻のお話を伺うことにしました。

 

 

塗り替えのきっかけと業者選び


野崎 「塗り替えのきっかけは?」


T様ご主人 「野崎さんにすすめられたからです(笑)。
でも2年くらい前から毎年家の点検を受けていて、そろそろ塗り替え時期だとは言われていました。
業者選びでは怪しいところもありまして。施工費が200万円する高級塗料をキャンペーンで100万円で塗れると。耐用年数が長いので半日ほど話を聞きました。今日契約しないと定価になると言われ、そのときは仮契約。でもその晩ネットで調べたら、まさに同じ手口で騙された人がいて。その塗料はそんなに価値はなかったんです。業者探しは難しいと思いました」


野崎 「安心できる業者を探そうと思ったわけですね」


T様ご主人 「そうです。はじめは、ウチを建てた工務店に見積をお願いしました。そのときの見積は、ここ(フェリーチェ516)と比べて価格も高く、塗料のランクも低かったです。」


酒井 「相見積もりを比較したときの、当店の見積の印象は?」
T様ご主人 「安い塗料とスタンダードなもの、高級塗料と種類別に選べるのがわかりやすかったです」

 

 

色の決め方


野崎 「色はどんなふうに選ばれましたか?」


T様奥様 「わりと前からいろいろな家や建物を見て、自分のイメージを何パターンか持っていたんです。
壁が黄色で屋根が赤、帯びは緑とか。他にも全体を濃い茶色で帯びを白で塗るっていうのも考えていました」


T様ご主人 「自分たちのアイディアをカラーシミュレーションで試せたのが大きかったです。
実際に塗る前に想像できますから。同じパターンでも似た色を少しずつ変えて試したり、別なパターンと比較したりしてもいいかもしれない」


T様奥様 「とても迷ったけど最後はうまくできました。野崎さんは困ったかもしれないけど(笑)」


野崎 「(笑)…色は皆さんこだわるところです」

 

 

試し塗りについて


酒井 「実際の施工では、いきなり全面を塗らず一部を試し塗りしてご確認いただきましたよね?」


T様ご主人 「はい。それは必要です。普通なら足場を取るまでわからないし、
途中でイメージと違った時も、やり直してと言いにくいんじゃないでしょうか」


T様奥様 「試し塗りの時は鮮やかすぎるかな、と思ったのですが、天気によって見え方も変わるんですよね。
共働きだからじっくり確認する機会がなかったんです。
でもこちらが納得して確認できるまでちゃんと待ってくれて、お客さん本位に感じました。
平日は朝しか確認できなかったので。」

 

こんな良いことも…


T様ご主人 「家のテーブルも外を塗ったペンキで塗らせてもらいました」


酒井 「あ!そういえば外と似た色です…」


T様ご主人 「それと、赤い屋根のふちを茶色く塗って色を絞めたのは、自分たちに無かったアイディアで気に入っています」


野崎 「家は、明るい色で塗ると全体がぼやけて見えるんです。濃く縁どることで全体がはっきり見えるようになります。
こういうことはお施主さんが気づきにくいんです」


T様奥様 「屋根の雨戸よも高圧洗浄でキレイにしてもらってよかったです。
何回か掃除をしたこともあったけど、一番いいのはプロにお任せするのがね。カナブンの死骸とかなかったですか?」


野崎 「カナブン?カマキリの卵がいっぱいありました(笑)20個くらい。全部とりましたよ」

(2011.11.12 T様邸にて)